キャリア以外の修理店の注意点

キャリア以外でスマホ修理を依頼する際に気をつけたいこと

スマホを修理に出すと

家電量販店でもスマホの、修理を依頼することができます。 家電量販店では、スマホメーカーと提携して正規の代理店としての修理業者となっています。 サービス内容や修理自体はプロパイダごとに異なります。 修理を頼んでいても、機体の取り換えとなり、修理料金が変わる場合があります。

修理業者の違い

故障したスマホの修理は、契約しているキャリアや製造したメーカー以外でも修理に出すことができます。 スマホの修理業者の数は多くありますが、中にはアイフォン専門の修理業者やアンドロイド専門の修理業者などがあります。 お店によっては、郵送での修理を承っている場合があります。

修理業者とは

スマホの修理業者の場合には、キャリアで修理不可能と言われたスマホの修理ができる可能性があります。 この他にも、水没させて電源が入らなくなったスマホから、データを回収してもらうことができます。 このように、修理業者ならではのメリットがありますが、良くない修理業者もいます。

おすすめリンク

雛人形修理の職人さん 雛人形修理を行っている職人さんの仕事をレポートします。その巧みな技術力は必見です!

キャリア以外の正規の修理店

スマホが故障した際には、契約しているキャリアに修理に出すことができます。
しかし、その場合には、基本的には修理に、一週間から二週間程度の時間がかかります。
この他にも、情報漏えい防止のために、修理に出したスマホのデータは初期化されてしまいます。
場合によっては、少しの不具合でも、機体交換になる可能性があります。
また、スマホの修理保証が効かない場合には、修理費用が高額になっていまいます。
しかし、キャリアに修理に出すということは、それだけ安心安全になります。

故障したスマホの修理先には、契約しているキャリアに修理に出す以外に、メーカーに修理に出す方法と修理業者に出す方法があります。
スマホの端末を製造しているメーカー自体にスマホの修理を依頼することはできますが、メーカーに修理に出す場合も、キャリアに修理に出す場合と同じく時間がかかります。

修理業者にスマホを修理に出すと、短時間で修理してもらえます。
修理保証が効かない場合に、キャリアに修理に出すよりも修理費用が安くなります。
修理業者には、登録修理業者と非正規店があります。
非正規店の修理業者は第三者修理、または、サードパーティーとも呼ばれます。
基本的には町で見かけるほとんどの修理業者がこれになります。
登録修理業者とは、登録修理業者制度に登録している総務省に認められた修理業者になります。
登録修理業者になるには、様々な書類の提出と審査を受けることになるので、安心の修理を行ってくれます。